勉強の重要性

勉強は大事!

よく言われることですが、学生の間はその重要性がわかりませんよね。

しかし、それでもいいと私は思っています。

小学生、中学生、高校生、大学生。

そんなときから勉強の大切さを本当にわかっていたのであれば「もっと遊べ!」「今できることを頑張れ!」そう言いたいです。

もちろん、そのころから勉強はしておくべきなのでしょう。

勉強をしなければ、その後の人生に大きく関わります。

例えば、今は「学歴社会じゃない」と言っている人もいますが、少なくとも私の会社は「学歴社会」です。

大学を出ているかどうか。それだけでその後の出世にも大きく響いてきます。

しかし、学生時代に勉強ばかり、というのもよろしくありません。

ある程度効率よく、要領よく勉強を行い、めいっぱい遊ぶ。

それが学生のあるべき姿だ、と私は思います。

でなければ、つまらない人間になります。

勉強の重要性はサラリーマンになれば嫌でもわかります。

自分から勉強をしなければ、自分の未来を切り開くことのできない世界ですからね。

英語ができなければ、海外出張も行かせてくれないでしょう。出世の道も閉ざされてしまいます。

今ではサラリーマン用の教材も出てきていますので、みんなそれらで必死に勉強し、自分で道を探します。

サラリーマンになったら勉強しなくていい!なんて思わないでください。

むしろ、サラリーマンこそ勉強が重要となってきます。

学生の間はめいっぱい遊びましょう。友達といっぱい話しましょう。

それは必ず、将来財産となります。話題にもなりますし、自分の人格にも大きく関わってきます。

勉強の本当の大切さは、社会に出てから学んでも遅くない、私はそう思います。

あなたが今できること。したいこと。
それを大切にしましょう。