車の査定で一番大切なこと

車の査定をしてもらうときに覚えておきたい大切なことがいくつかあります。一つ目は事故歴や修理歴などの詳細を買い取り店に伝えることです。これは査定時にかならずチェックされる項目なのですが、高く査定してもらいたいという一心で正確に申告しない方も多いと聞きます。

事故車や修理歴のある車は、査定のプロにかかればすぐに見分けがつきます。ですからごまかしは不要です。正直に申告することによって、お店側との信頼関係が構築されることにもつながりますので、知っていることがすべて正直に話すようにしてください。

買い取り店は車を買い取った後に、カークリーニングの専門店などにその車を持ち込んで、徹底的にクリーニングします。ですから多少の汚れや傷は修理せずにそのままで大丈夫です。

外観の汚れよりも内装の汚れのほうが気にするべきで、特にたばこのにおいが残っている車は査定額がぐっと下がってしまいます。たばこのヤニ汚れや臭いは、査定前に綺麗にしておくのが良いでしょう。マナーとしても必要なことです。

最後に車の名義変更などに必要な書類はあらかじめ買い取り店の方に聞いておいいて、事前に準備しておくようにしましょう。買取がスムーズに行われないと、その分買取が遅れてしまい、買取額の見直しなんて話にもなりかねません。

初心者が知っておくべき車の買い取りに関する情報は、車買取一括査定ガイドに書いてあります。参考にしてください。