体臭防止には入浴後の保湿ケアが必要

しつこい体臭に悩む人の多くが、体を洗いすぎています。不衛生な状態だと体臭が出やすくなるということで、全身をしっかりと洗っているのです。特に汗が多く分泌される脇や顔は、ゴシゴシと強く洗ってしまいがちです。しかし洗いすぎると、体臭がかえって強くなることがあります。なぜなら体臭の原因のひとつは、肌から分泌される皮脂にあるからです。皮脂は油の一種で、台所の油汚れに嫌な匂いがするのと同じように、古くなると悪臭を放つようになるのです。

そもそも皮脂は、肌の乾燥を防ぐために分泌されます。体を洗うとある程度は除去されますが、肌を守るためにすぐにまた分泌されます。

そのため体を強く洗いすぎていると、皮脂はそれだけ多く分泌されることになります。これを毎日繰り返すことで、皮脂が分泌されやすい肌になってしまうのです。皮脂の量が多いほど、悪臭のリスクは高くなります。

したがって体を洗う際には、肌を傷めない程度にすることが大事です。また洗った後は、必ず保湿ケアをしましょう。保湿成分が配合されたボディローションやボディクリームなどを塗るのです。

すると、保湿成分が肌を乾燥から守ってくれるようになります。乾燥しなければ、皮脂は過剰には分泌されません。そして分泌量が減れば、それだけ悪臭のリスクも低下することになるのです。

ラポマインはこんな苦痛をかかえるティーンからミセスの広範な年代の女、男性に推奨です。デオドラントアイテムのお肌への負担が気に掛かる、ワキガやニオイのトラブルを楽々でカンタンなサプリで解決したい、ワキガやニオイのトラブルがあると、コンプレックスによって自信がなくなったり、人とのコミュニケーションがスムーズにできなくなったりする。ラポマインの詳細は以下↙。

ラポマインの効果