犬を洗った

今月14日で12歳を迎えるロングコートチワワを飼っているのですが、年齢の事もありちょくちょく粗相をしてしまうようになったので冬場は毎日オムツを付けて過ごさせています。ただ、まだまだぬいぐるみ相手に大暴れする等まだまだ元気なのでオムツを緩く付けてしまっている時にはいつの間にか外れてしまっている事があります。なので、気付いたら珍しく冷たいフローリングの上に寝ているなと思ったら粗相してしまっているのを隠して体がべたべたになってしまったり、まさに今日の早朝そのような事があったのでお湯と犬用のシャンプーで犬の体を洗い、乾かしました。恐らくあまりお風呂が好きではなく、お風呂場に連れていくまでは元気なのですがお風呂場に入った瞬間大人しくなり洗われている最中もジッと全てが終わるのを待っています。洗い終わり体を拭いて乾かす為に風呂場の扉を開けた瞬間、ジェット機の様に飛び出してものすごい勢いで体を震わせ水を飛ばしてきます。その後は取り合えずタオルの上に寝ころんでもらい、毛量がかなり多いため20分弱程乾かしました。前述の通りかなり毛の量が多い事から、ブラシでとかす前は非常に真ん丸としているのですが、ブラシをいれることで漸くいつものすらっとした姿に戻りました。粗相をしていたフローリングは家族に任せてあるので、あとはオムツを再びしっかりと付け当事者の犬は怒られた事も忘れ、今ベッドの上でいびきをかきながら眠っています。

私のガチンコ体験談!ABCクリニックで包茎手術した感想