紫外線は肌老化の主な原因!

シミやシワ、たるみなど加齢によって現れる肌老化。この肌老化の原因の大きなものは、やはり紫外線です。

紫外線を浴びることでシミの元になるメラニンが生成されるというのはよく知られていますが、お肌のハリや弾力を支えているコラーゲンを破壊してしまうことでシワやたるみを引き起こすほか、お肌のバリア機能が壊されて乾燥しやすくなるなど、実に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。
また、紫外線が肌に当たることで「活性酸素」が増えてしまうのも問題。
活性酸素はもともと体に必要なものですが、過剰に発生してしまうことでその酸化ストレスにより老化の進行が早まったり様々な病気を引き起こしてしまうのです。
ですから、若々しいお肌を維持するためにはしっかりと紫外線対策を取ることが非常に重要だと言えるのですね。
紫外線対策というと、とにかく日焼け止めを塗ることというイメージがありますが、実はサングラスをかけて目から入る紫外線をカットするのも大事。
というのは、紫外線が目から入ることで脳が「メラニン色素を作りなさい」という命令を出してしまうから。
ですから、普段から外出の際にはUVカット加工がされているサングラスをかける習慣をつけると良いですよ。

首イボ対策の人気クリーム、クリアポロンの口コミ