汗を出す汗腺は実は2種類あるって知ってましたか?

梅雨から夏に向けて、また汗を良くかく季節になってくると
ちょっぴり憂鬱になってきますね。
ちょっと動くと顔やら脇などに大量の汗をかいてしまって
恥ずかしい時もありますよね。

ところで、その汗ですが、実は汗腺には2種類あるって知って
ましたか?

その2つの特徴を紹介します。

① エクリン腺

全身のほとんど分布していて、主に体温調節ために汗を出す
汗腺で分泌される汗は無味無臭です。

② アポクリン腺

体の限られた部分にあり、特に脇の下に多く分布しています。
独立して皮膚に直接つながっているエクリル腺と違って、
毛根部分から分泌されます。

アポクリン腺から出る汗は白く濁っていて、脂質たタンパク質
などのニオイのもととなる成分を多く含んでいるのが特徴です。

もともとはフェロモンの役割を果たしていたとも言われています。

このアポクリン腺がワキガのニオイの原因とも言われています。

アポクリン腺から出る汗には脂質・タンパク質・糖質・鉄分など
がワキガの原因になってしまうんですね。
汗には良い汗と悪い汗があるとも言われています。
良い汗はサラッとしていてべたつかないのが特徴で、一方悪い汗
は雑菌は繁殖しやすくにおいが強いのが特徴です。

自分のかく汗がどのような特徴なのかをしっかり把握して
汗対策をしましょうね。

トリムクール