口臭の原因の多くは歯周病!さらに重い病気になる危険あり

口臭の原因の多くは歯周病によるものであることが知られています。
歯周病は中高年の約8割がかかっていて、場合によっては、脳梗塞
心筋梗塞、糖尿病はもちろんのこと誤嚥性肺炎といった死に至る
敬いに発展する危険があると指摘されています。

具体的には、歯周病の人は健常者よりも脳梗塞のリスクが2.8倍も
高いという報告があったり、口の中が歯周病により細菌だらけに
なってしまうと、誤嚥したものに菌が付着して、そこから一気に細菌が
繁殖し肺炎を発症します。

ほかにも消火器系の病気や糖尿病、肝臓・腎臓病でも口臭がする場合
があるそうです。糖尿病は甘酸っぱい傷んだ果物みたいなアセトン臭
腎臓病の場合は、想像がつくかもしれませんが、アンモニア臭を発したり
するので、指摘がしにくいとそのまま放置しておかずに、受診することが
重要です。

また、予防としては、歯ブラシ習慣が重要ですが、歯ブラシでは6割
ほどしか汚れを落とせないので、1日1回はデンタルフロスを使い、
定期的に歯医者でのクリーニングをおススメします。

良香生活の詳細について