ブルーライトの睡眠との関係について

近年はパソコン、スマホ、LED照明など、私達の身の回り
にはブルーライトを発する製品が増えてきています。
それは大人だけでなくスマホを使う高校生は36.5%にも
にも上るというデータもあるくらいです。

ここでは、そんなブルーライトの睡眠への影響について
お伝えしたいと思います。実はブルーライトは自律神経の
働きに影響しているために、睡眠障害を起こす可能性が
あることが指摘されて言います。

本来自律神経の一つである副交感神経の働きを高めて
身体がリラックスすることで、睡眠が取れるのですが、
睡眠前にスマホなどを見ているとブルーライトが目を刺激
して脳の働きを活性化してしまいます。

そのため交感神経が優位になって、本来睡眠にはいる
状態である副交感神経を高めることを阻害してしまい
睡眠に障害を起こしてしまうというわけです。

そんなスマホの利用が日常生活の昼と夜を逆転させて
しまうことになり、一つの不登校などの原因にもなっている
という報告もあります。

睡眠への障害を取り除くためには、せめて睡眠前の2時間
より後にはスマホの使用を止めるといった対策が必要です。

ティアグロスの詳細はコチラ