遺伝子検査して驚いたこと。

遺伝子検査は興味があったが、やっぱりなんだか怖いってイメージもあります。

未知な部分を教えてくれる、自分の潜在的な能力だったり将来かかる可能性があるような病気を教えてくれると感じていたからです。

実際に遺伝子検査をやってみて思ったことは、病気に至っては、可能性だけであって必ずかかるわけじゃないしリスクの大きさについてもパーセンテージで教えてくれるがまだまだ精度じたい高くないだろうなってところ。

それと、自分の予想していたことと全然違う結果も出てくることは驚きでした。

将来、自分が禿げるかどうか、男性の脱毛の可能性についても教えてくれるんですが、それだってまさかって結果が出たりするんですよね。

あくまでデータ上そのような人が多い割合になっているという判断なようなのでやはり制度は高くないのかもしれません。

今後、長期にわたりデータ収集された結果からもっと制度は上がるんじゃないかって予想はできますが現段階においてはその制度は低いといわざる負えないのかなって感じました。

genelife評判