銀行系キャッシングとは?

個人の少額金を貸し付ける仕組みのことを、キャッシングといいます。急に予想外にお金が入り用になったものの、手持ちがなくてどうにかしたい、というときに利用できるので役に立ちます。

キャッシングが可能な会社には結構な種類があります。おおまかに分けると銀行系・消費者金融系・クレジットカード系・その他系があります。銀行は銀行、クレジットカード会社はクレジットカード会社でそれぞれの特徴を持っていますが、消費者金融系は比較的審査が厳しくなく、とちらかというと手軽にキャッシングができるという点があります。

クレジットカード系や銀行系は審査から貸し付けまで時間がかかります。けれどもクレジットカード会社では高額の貸し付けが可能で、銀行では安い金利での借り入れができるというところがメリットです。このようにそれぞれに特徴がありますから、なんのために利用するのかはっきり選択すべきです。それが決まった後、目的に合ったところはどこかを検討してうまく利用するとよいでしょう。

銀行系キャッシングは、大手銀行の系列会社が母体となっていることが特徴です。それには三井住友銀行系のアットローン、三菱東京UFJ銀行系のモビット、また新生銀行のノーローンなどがあります。このように銀行系キャッシングには、バックに銀行がついているという信頼性があるので、金利・限度額などを最も不安に感じる人が選ぶのには一番でしょう。

U-NEXT オンデマンド 動画 映画 音楽 ネットフリクス