個人再生の手続きにおける注意点について

個人再生とは、借金の額を減らし、原則3年で完済する方法です。
そのため、自己破産のように借金がなくなるということはありません。

それでも、借金額を減らして返済できるので、
返済の負担は減らすことができます。

また、個人再生にはさまざまなメリットがあります。

◎住宅を手放さなくて良い
◎家族に影響がない
◎減額は借金の1/5

財産を残したまま借金を返済できるので、
自己破産のようにすべて失う心配がありません。
もちろん、その分3年で完済するという条件はありますが、
減額が大きいのでとてもラクだと言われています。

また、裁判所を通すので計画的に返済できるのも、
個人再生の良いところですね。
ただし、手続きは大きく3つの方法に分けられます。

1.小規模個人再生手続き
2.給与所得者等再生手続き
3.住宅ローンに関する特則

一般的には、「給与所得者等再生手続き」で進めていきます。

また、個人再生の手続きには以下の2つの条件をクリアしていないといけません。
《継続的に収入がある》《借金総額が3000万円以下》

当然、無職では個人再生の手続きは難しいでしょう。
ただし、就活中や就職先が見つかっている場合は、
個人再生の手続きができる場合もあります。

債務整理 山梨県