にきび痕を残さないためのスキンケア方法

一度にきび痕でできてしまったら、解消するためには継続的なケアが重要になります。白や黒のにきびは、毛穴にたまった皮脂がそこにあるだけで、まだ肌の炎症が発生していない段階の、軽い状態のにきびです。にきびの状態が進行して、毛穴で炎症を起こしてしまうと赤いにきびになります。

腫れがひどくなると化膿して、黄色いにきびになってしまうというわけです。にきび痕ができるのは、化膿や炎症によって傷んだ皮膚が、にきびが治った後にも痕跡を残すというケースです。クレーター状のへこみができるの皮膚のダメージが回復しなかったためで、色素沈着が起きるのは炎症の起きた肌が刺激された結果です。にきびにいらない刺激を与えないように、普段の洗顔や、保湿ケアをきちんとすることが、にきび痕予防になります。皮膚のバリア機能が失われ、肌が乾燥しがちになると、大人になってからもにきびが多くなりすぎますので、洗顔のしすぎは控えましょう。洗顔後には必ず保湿ケアをして、乾燥対策をするのも忘れないようにしましょう。皮膚科で診断を受けて、にきびの痕跡を残さないための診断を受けるのもいいでしょう。医療機関で処方された薬を使えば、効果的なにきび対策を施すことが可能です。自宅ではなかなかできない毛穴の奥までのお手入れも、病院を受診することで最適な対策方法を知ることができますので、お勧めの方法です。
もっちりジェルホワイト