今は日焼けによる紫外線が肌にダメージを与えることのほうが問題

紫外線を防止することは長い意味でシミやしわを防ぐことにもつながると言われています。日焼けした肌は健康的に見えるのですが、今は日焼けによる紫外線が肌にダメージを与えることのほうが問題になります。最近では、紫外線の肌への働きかけは回避したいという若者も増加傾向にあるようです。

若いうちは新しい細胞がどんどんできていくため、紫外線で肌が焼けてもそのためにしみやしわが増加したりはしません。けれど、外見からは気づかない肌の奥に、紫外線の効果が出ている場合があります。年齢を重ねたときにシミが目立つのはそのためです。近年はオゾン層の破壊により、紫外線がダイレクトに地球に降り注ぐことも問題視されています。皮膚ガンの要因の1つとして、強い日焼けがあるともいいます。アメリカやオーストラリアなどは、幼少期から紫外線への対策を十二分に行うことが当たり前になっています。小さい頃からの紫外線予防が、皮膚ガン予防に効果的だと言われているためです。近年、日本国内では美容や健康のため抗老化に向けた取組をする人が増えています。年を取ってもシミやしわが増えないようにするには、若い頃からの紫外線予防が効果を発揮するといいます。日頃から紫外線を予防し、毎日のスキンケアで肌のコンディションを整えるようにしましょう。ラクビ 販売店舗