健康志向の人が注目している「オレンジワイン」とは?

最近流行しているものに【オレンジワイン】があるって知っていますか?もし、知っていたならかなりのワイン通なのではないかと・・♪このオレンジワイン、「オレンジ」とついているので果汁が入っているか香りが付けられているのかと思ったらそうではないんですね。正真正銘ブドウだけを使って作られているとか。それなのになぜ「オレンジワイン」と呼ばれているのかというと

「赤ワイン」「白ワイン」同様に、オレンジ色だからなんです。

白ブドウを使って赤ワインと同じ製法(果汁と果皮、種子を一緒に発酵させる)で作るとタンニンが多く含まれてきれいなオレンジ色になるんですって。
でも、白ブドウの場合は元々赤ワインの原料になる黒ブドウよりもタンニンの量が少ないのでそれほど渋みは多くありません。

赤ワインは肉料理に、そして白ワインは魚料理に良く合うと言われていますが、オレンジワインはこれまでワインと合わせるようなことがなかった料理にも合うと言われています。
インド料理にも美味しくマッチするとか。なかなか興味深いですよね。

知れば知るほど奥深いワイン。飲むだけじゃなく、ちゃんとした知識もあればちょっとカッコいいかも♪
最近は本格的なワインスクールも流行っているので一度体験してみようと思っています。