にきびの赤みや痕を残さないためにはケアが大切

にきびができると、皮膚が炎症を起こしたり、にきび痕が残ったりと、肌トラブルがひどくなるので、避けたいものです。目立つにきび痕ができてしまったり、にきびの解消がうまくいかなかったりという人は、にきびの成り立ちを知ることが肝心です。

毛穴は、油分や汗を分泌して、体温調整や、肌のバリア機能の維持を担っていますが、この毛穴が油脂などで詰まると、アクネ菌が増えやすくなります。毛穴が詰まる白にきびの段階を経て、炎症が起きて赤くなる赤にきび、毛穴が黒くなる黒にきびと進行していきます。最終的には毛穴の中に膿が溜まる膿にきびになってしまいますが、上手にケアしないとにきび痕が残ってしまうので注意しましょう。にきびをケアする時には、いじったりつぶしたりするのはもちろん厳禁で、保湿より肌のバリア機能を高めるケアを心掛けましょう。美肌効果を高め、にきびができにい状態にするには、和食を主体とした体にいい食事が重要になります。紫外線を浴びると肌の乾燥が進むので、UVカットケアや、紫外線を避けた行動を意識して行いましょう。にきびがなくなっても、にきび痕が赤くとどまることがあり、特に色が白い人は注意が必要です。これは、にきびが出来た後に肌の内部で修復が終われば、自然に赤みは消えていくものですが、ケアしておくと安心です。赤みが消えても、にきび痕が目立つところにできてしまうこともあるので注意が必要です。すぐに治るだろうと軽視せずに、にきびはしっかりケアすることで、にきびの痕や赤みに悩む必要がなくなります。
お腹革命