妊娠中には葉酸のサプリメントがおすすめ

もしも、妊娠をするかもしれない状況にあるなら、葉酸サプリメントを利用しておく必要があります。厚生労働省は、妊娠1か月前から妊娠3か月まで、葉酸を摂取するようにと推奨しています。

葉酸はDNAやRNAの合成に必要な栄養素で、活発に細胞分裂をする胎児にはたくさんの量の葉酸を必要としています。妊娠4週目から12週目までは特に葉酸の摂取に気をつけなければならない時期となっています。胎児が神経管閉鎖障害にならないように、妊娠している時には葉酸が必要であるという指摘もされています。モロヘイヤ、ブロッコリー、枝豆、菜の花など様々な植物に含まれている葉酸は、体内では補酵素として機能し、造血作用にも関わっています。野菜から葉酸を摂取する時の注意点として、水に溶けやすい性質があるので、調理中に減ってしまうことがあります。そのため食事からだけでは十分な量の摂取が難しく、サプリメントから摂取することが推奨されているのです。サプリメントなら、調理による損失を気にすることなく、必要な量を無理なく摂取できるので大変便利です。また、妊娠中はつわりで食べることが難しくなり、食事から葉酸を摂取できない心配があります。つわりの最中でも葉酸を確実に体内に取り入れるためには、サプリメントを活用するという方法が適しています。妊娠している時に安心して飲めるように配慮がされた葉酸サプリメントもよく使われています。
グラステムセル 効果