季節で変わる日焼け対策

日焼け対策は、肌をきれいにし続けるためには欠かせないものです。紫外線からお肌を守るためには、季節を問わずいつでもケアをすることです。真冬でも、日焼け防止に必要なことをやっておきましょう。

紫外線は5月くらいから増加し、6月には真夏並みになります。春のうちからきちんと日焼け対策をしておかなければ、お肌にダメージを与えてしまいます。夏の日焼け止めクリームは、取れやすいことも覚えておきましょう。汗をかくと、クリームが汗に溶けて剥がれてしまいがちです。普段の生活の中でも、3、4回はつけ直す習慣をつけるといいでしょう。紫外線を遮断する効果が強いクリームを一度だけつけるより、弱めのものでも何度かつけ足していく方が、有効だといいます。わずかずつしか日焼け止めクリームをつけないでいると、効果が薄くなります。つけ忘れがちなのが顎の下部分です。紫外線はあちこちからはね返る性質がありますので、あごの下も油断できません。夏ほど強くなくても、年間通して紫外線は皮膚に届いています。紫外線が弱い季節でも、うっかりとすると日焼けをしてしまうでしょう。また、冬は紫外線が強くないですが、お肌の紫外線への耐性も弱っている状態です。そのため、春に紫外線量が急速に増加すると、夏以上に皮膚にダメージを被ることになります。紫外線から肌を守るクリームやメイクは、年間を通じて行うことで、日焼け対策効果が得られます。
魔法のオールインワン石鹸,効果,口コミ