ホワイトニングが絶対不可能なケースはある?

ホワイトニングをしたいと思っても歯医者からホワイトニングを断られる場合があります。
まず、妊婦、授乳婦の方は、ホワイトニングの対象外となってしまいます。
この理由は、痛みが出ても、鎮痛剤の服用が出来ませんし、痛みによる刺激から来る胎児への悪影響により流産や早産を引き起こす可能性があるからです。
また、無カタラーゼ症の方もホワイトニングすることが不可能なケースに該当します。
無カタラーゼ症の方はホワイトニング薬剤の主な成分である過酸化水素を生まれつき分解することが出来ないからです。
この場合、薬剤が有害物質として、体内に残存することで口腔壊死といった症状を引き起こす可能性があります。
また、18歳以下の方は、歯が成長途上の段階であるため、ホワイトニング対象外となります。
テトラサイクリン歯が3度~4度の人は、期待するホワイトニングでは効果を発揮しない場合もあります。
最後に、ホワイトニングは天然の歯のみを対象としていますので、歯が全て差し歯、被せ物、インプラント、入れ歯の方はホワイトニングは不可能となります。

口臭が気になるなら「ノッシュ」がおすすめ!