体に害がないか心配

ブリアンにはどんな特徴があるのか、まとめてみました。

虫歯バイ菌撤去原材料BLIS M18を組立て。
この原材料は、口の当事者の虫歯バイ菌(ミースタンスバイ菌)を減らしてもらえる新原材料だそうです。
BLIS M18を生まれたときから保有している子供もいるそうで、全体の約2百分比ほどの子が秘めるそうです。うらやましいですね。ということは、ほとんどの子はこのBLIS M18を保有していないので、
歯磨き粉として四六時中使い続けることにより虫歯バイ菌の撤去が望めるんです。

子供が四六時中口に入れて使用する歯磨き粉。小さい子はついつい飲み込んじゃうことも多いので、体に害がないか心配ですよね。でもこのブリアンは、消毒剤・界面活性剤・研磨剤・構築色付けチャージ・継続チャージ・界面活性剤・添加物酸化防衛剤などなど、気になる原材料は不使用で作られているので、小さい子供にも安心して四六時中使うことができました。なので、歯みがき下うがいができない小さい子でも、ゆすぐ必要がなく、唾液を繰り出すだけでもOKなので助かりました。

虫歯防御と言えばフッ素ですよね。建物では子供も成人もフッ素入りの歯磨き粉を使用していました。それも歯医者で購入した歯科専用の賜物でした。フッ素が950pppmFのしっかりとある歯磨き粉を四六時中使用していたのにも関わらず、私と子供は虫歯になってしまいました。

私に至っては、毎晩糸ようじで歯と歯の時間まで念入りに掃除していたのに、スタートのかいもなく、いつも虫歯になってしまいます。そこでフッ素について調べてみたんですが、フッ素は確かに虫歯になりにくい歯を定めるのに効果的なんだそうですが、本当にフッ素の反響を最大限に引き出すためには、歯を長期間フッ素に浸けて浸透させる必要があるんだそうです。

子供 歯磨き粉